TOP >  コラム 一覧 >  お役立ち >  汗をかいていなくても、水分補給はしっかりと

お役立ち

USEFUL

2021.07.10

汗をかいていなくても、水分補給はしっかりと

皆さんは毎日しっかり水分補給していますか?これから迎える夏本番はもちろんのこと、冬のような汗をかかない季節でも水分補給は大切です。

体格にもよりますが、人は一日約2,000ml〜2,500mlほどの水分を排出しています。汗や尿はイメージしやすいですが、呼吸や排泄物などにも水分は含まれており、またそれらは身体を動かすレベルによって更に排出量が増加していくのです。

夏は汗をかくことで水分が失われますが、実は冬も空気の乾燥によって肌から水分が排出されているので注意が必要です。常に意識して身体に水分を与えてあげましょう!

気づかずに摂取している水分

排出される水分の目安が約2,000ml〜2,500mlだとして、果たして自分はこの体から排出される水分量を小まめに水を飲むなどで補給できているのだろうか?と疑問に思った方もいるかもしれません。

実は、私たちは1日に必要な水分量の約30%ほどを食事に含まれる水分から補っています。食材でいえば肉類で約70%、卵で約75%、魚類で約75%、そして野菜はなんと約90%が水分と言われており、私たちは毎日の食事から約600ml〜800mlの水分を摂取しているのです。

意識的に身体に良い水を取ることが大切

しかし、それだけでは当然出ていく水分を補うことはできません。残りの1,000mlほどの水分を摂取するには、やはり意識的に”飲む”ことが重要になってきます。

清涼飲料水やコーヒー、お酒でも水分を補うことができますが、水分と同時に他の余分な成分も取り入れることになってしまうこともあるので、いちばんのおすすめは多めに取り込んでも問題の少ない”水”になります(ただし、大量に汗をかいた時場合は、熱中症対策として塩分補給も忘れずに)。水を多く飲むことは代謝の面だけでなくダイエット面でも効果的なので、家に浄水器を取り付けるなどで体に優しい、キレイな水を選んで飲むようにいたしましょう。

写真はキッチンに取り付けて、水道水からミネラルが添加された浄水が飲める据え置き型浄水器  WACOMS TRUST

RELATED POST

関連記事