TOP >  コラム 一覧 >  お役立ち >  気になる塩素を除去!安心して飲めるお水に変えよう

お役立ち

USEFUL

2020.11.11

気になる塩素を除去!安心して飲めるお水に変えよう

気になる塩素を除去!安心して飲めるお水に変えよう

「水道水には塩素が含まれている」というのは、ご存知の方も多いでしょう。しかし、「消毒のために使われている」「体にあまりくない」という漠然としたイメージはあるものの、具体的にどのような物質なのかすぐに答えられないかもしれません今回は、水質に影響する塩素の基礎知識や浄水器などを使って水道水から塩素を除去する方法について解説します。 

そもそも塩素ってどんなもの? 

 塩素は元素記号「Cl」で表され空気より重く、水によく溶ける性質があります。また、自然界では海水の中のイオン(Cl-や岩塩として存在私たちの生活の中では主に漂白剤、塩酸、殺菌、塩化ビニルの製造原料などに使われており、化学、製薬、金属鍛錬、製紙、漂白の工場水道水の消毒よく利用されています。 

残留塩素と塩素の違いって? 

残留塩素とは、消毒された水道水に混ざっている塩素量ことを指します日本の水道水は高濃度の塩素を使って消毒されているのが特徴。塩素は水道水を殺菌してからもさらにその効果が持続するため、私たちが蛇口をひねったときまで成分(残留塩素)が残っています  

WHOでは「塩素濃度ガイドラインを発表 

世界保健機関(WHO)では、飲み続けても健康に害がない塩素濃度を定めています。飲料水に含まれる残留塩素は「5mg/L以下」ルール。日本においても厚生労働省が独自にルールを定めていますが、WHOルールよりも厳しい「1mg/L以下」という基準になっています 

水道水に塩素が入っている理由 

水道水は、病原菌を消毒するために塩素を使っています。塩素の殺菌力は強く、自然界から採取された水に含まれる病原菌を殺し、残留塩素となってからもその効力は維持されます。塩素は私たちが飲んだり、お風呂に入ったりしても問題のないように水の安全性を維持することに役立っているのです。 

  

水道水に塩素が含まれることのメリット&デメリット 

 塩素の概要については前述しましたが、具体的にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう 

水道水に塩素が含まれることのメリット 

安全性が保たれる

自然界から採取した水には病原菌が含まれていることがあるため、塩素消毒することで安全性が確保されます。

給水管内部での殺菌効果

採取したばかりの水だけではなく給水管の内部でも細菌は増殖するので、それらの殺菌に残留塩素が効果を発揮します。「残留塩素は不要なのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、給水管内部での殺菌のために残留塩素も必要なのです。

水道水に塩素が含まれることのデメリット 

有害な物質が発生する恐れがある

塩素消毒による副生成物として、トリハロメタンという物質が発生します。この物質の中には、国際がん研究機関においてグループ2Bの発がん性のおそれがあるグループに指定されており、発がん性の危険性が取りざたされています。

肌や髪に悪影響を及ぼす

塩素はタンパク質を破壊するため、洗髪、洗顔、食器洗いのときになどにダメージを与えます。肌の保水量や保湿力を低下させるとも言われています。乾燥肌や敏感肌の方はとくに注意が必要です。残留塩素は、風呂上りのかゆみや乾燥の原因になるとも考えられています。

味や匂いが気になる

プールなどが顕著ですが、塩素を含んだ水道水には特有の匂いがあります。味についても癖が出るため、人によっては「おいしくない」「飲みたくない」と感じることもあるのではないでしょうか。

塩素がビタミンを減らす傾向がある

星薬科大学の研究によると、「水道水で米や野菜を洗うとビタミンの10~30%が損失する」と言われています。これは塩素の酸化力により食品に含まれるビタミンが還元されてしまうのが理由です。野菜の水道水への浸け置きも、ビタミンの減少につながる可能性があります。

浄水器が最も簡単!水道水から塩素を除去する方法 

屋外に設置することで家中の水が浄水されるセントラル浄水器「WACOMS NANO   

塩素は水質の安全性を保つために必要であるということを紹介してきましたが、やはり塩素による味や匂いは気になります。ここからは、水道水から塩素を除去する方法をお伝えします。 

煮沸する 

水道水に含まれる残留塩素は、煮沸によって除去することが可能です。水道水を加熱し、15分以上沸騰させ続けましょう。15分以上沸騰させる理由は、水道水に含まれることある「トリハロメタン」という発がん性物質を除去するためです。トリハロメタンは沸騰直後に最も濃度が高くなる性質があるため、煮沸消毒に時間がかかるのです。 

炭を入れる 

炭が持つ吸着効果を利用して、水道水に含まれる塩素やトリハロメタンを取り除くことが可能です。1Lあたりの水道水に対して150gほどの活性炭や備長炭などを浸け、一晩くらい置けば完了です 

 レモン果汁を入れる 

レモンに含まれるビタミンCが塩素と結合すると、化学反応で違う物質になり、塩素が除去できます。レモンは汁の状態で使用し、水1リットルに対して23滴が目安ですレモン汁を加えた後は、箸かき混ぜましょう 

くみ置きする 

日の当たる場所くみ置きした水道水をそのままさらして置くことでも塩素が除去されます。これは、太陽光に含まれる紫外線が残留塩素を分解できる性質を持っているからです。ただしくみ置きは雑菌が増えやすくなるため、飲用避けください。魚の水槽などに使用するのがおすすめです。 

浄水器を利用する 

最も手軽かつより高い除去率を目指すなら浄水器がおすすめです。水道水を浄水器に通すことで、塩素やトリハロメタンといった多くの不純物を取り除くことが可能。お子がいるご家庭で、安心して家庭の水を使うことができるでしょう。初期費用やカートリッジの購入費はかかりますが、煮沸などの手間を考えるとお得と言えます。 

浄水器には「セントラル型」も!

浄水器には「蛇口直結型」「ポット型」などさまざまなタイプが存在しますが、屋外に設置する「セントラル型」の浄水器も存在します。セントラル浄水器WACOMS NANO(ワコムス ナノ)は、家中すべての水道水を浄化することが可能。いわゆる「セントラルヒーティング」のような画期的な浄水器です。高性能な多機能フィルターを使うことで、塩素や不純物などを去したきれいなお水を家中に届けてくれます。

 

浄水器で不純物を除去することでいつでもきれいなお水が使える! 

塩素などの不純物を取り除いた水を使うことで、カサつきにくいお肌、ゴワつきにくい導きます。また、刺激のないお水は酸化防止の効果も期待できるため、洗顔後スッキリ感を味わえるなど日頃のスキンケアとの相性もバッチリでしょう。 

浄水器を使ってもっときれいなお水を活用しよう 

日本の水道水は高い基準できちんと管理されており、残留塩素が含まれていてもそのまま飲水にるため世界的にも評価されています。しかし、そのままの水道水だと匂いや味が気になったり、トリハロメタンの存在が気にかかったりすることもあるでしょう。健康や美容をサポートし、上質なお茶や料理をつくるためにも浄水器を通したきれいなお水を活用してみませんか? 

RELATED POST

関連記事