コラム

ペットボトルはもう不要?おいしく安全な水を水筒で持ち歩くには

お役立ち水・浄水器
お役立ち
Woman takes the bottle out from backpack. Woman takes the reusable bottle of fresh water with carbon filter out from her backpack.

日本の水道水は安全と言われていますが、「おいしく安全な水を飲みたい」と思ったときに、水道水を直接飲む方はそれほど多くないでしょう。それよりは、コンビニエンスストアや自動販売機でペットボトルの水を購入する方のほうが多数派でしょう。しかし、毎日ペットボトルを買う生活習慣はサステナブルな暮らしからは程遠く、購入の手間や費用も気になります。 

そこで今回は、ペットボトルを買わずに質の高い水を持ち歩く方法をご紹介します。いつでもどこでもおいしく安全な水を飲みたい方、ペットボトルを毎日購入するライフスタイルを変えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 

「浄水水筒(携帯型浄水ボトル)」とは?

おいしく安全な水をつねに持参したい方におすすめなのが、水筒のような形状の「浄水水筒(携帯型浄水ボトル)」です。ボトルの中にはキャップと一体型のろ過フィルターが備わっており、水道水を注ぐだけで浄化された水を飲むことができます。  

さまざまな製品がありますが、総じてボトルは軽量で、一般的な水筒のようにバッグに入れて持ち歩けます。浄水水筒は日常使いはもちろん、ランニングやジム通いなどのスポーツ後の水分補給、アウトドアにもおすすめのアイテムです。水道水を浄化してすぐに飲み水をつくれるので、災害時の備えとして避難用バッグに入れておくのもよいでしょう。

浄水水筒のメリット

水道水を注ぐだけで、いつでも・どこでもおいしく安全な水がつくれる浄水水筒。普段から持参することには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

コストパフォーマンスが高い 

製品によって異なるものの、浄水水筒に備わったフィルターは1つでおよそ150Lの水をろ過できると言われています。これは、500mLのペットボトルに換算すると300本分の量。500mLペットボトルを1本100円と仮定すると、30,000円分の水をろ過できることになります。 

 本体の値段と水道代を考慮しても、浄水水筒を使って飲める水は1Lあたりたった数円です。ペットボトルの水と比較すると非常にリーズナブルで、このコストパフォーマンスの高さがメリットと言えるでしょう。 

また、買い置きしていたペットボトルの収納場所をなくせる点や、ペットボトルのゴミを減らせるので地球環境にやさしいことなど、経済面以外にも嬉しい効果を実感できます。

水道水がマイルドで飲みやすい水に

浄水水筒に内蔵されたフィルターには活性炭が使用されており、塩素や総トリハロメタンといった、水道水に含まれる味や匂いに影響する物質を除去します。不純物を取り除きながらも、おいしさをつくるミネラル分はしっかりと残るので、浄化された水はマイルドで飲みやすい風味になります。 

外出先で喉が渇いたときも、水道水をボトルに汲むだけですぐに浄化された水が飲めるのは大きな利点と言えます。コンパクトでも優れた浄水性能を備えているため、水道水でお腹を壊しやすい方にもおすすめです。

バッグなどに収納しやすい 

「浄水器」と聞くとサイズが大きく重いものを想像しがちですが、浄水水筒はコンパクトで軽量なボディが特徴。一般的な水筒と同じく、500mLペットボトルよりもやや大きめ程度のサイズです。また、多くの場合は本体がプラスチック製でフィルターも小さめなので、重さは気になりません。  

バッグにすっぽりと入る浄水水筒は、普段の通勤・通学に、スポーツのお供に、アウトドアや野外フェスに、旅行にと、幅広い場面で活躍します。持ち運びしやすいサイズと重さにつくられているので、「せっかく購入したのに使わなくなってしまった」という失敗も少なくなるかもしれません。どんな方でも持ち歩きやすく、プレゼントにもおすすめです。

フィルターの交換時期には注意 

浄水水筒は洗って繰り返し使用できますが、内蔵されたフィルターは定期的に交換しなければなりません。交換の頻度は製品により、4週間から2~3ヶ月と幅があります。購入の際にチェックしておきましょう。 

また、浄水水筒をつねに清潔に保つため、フィルターは週に一度、熱湯消毒することが推奨されています。コップなどの容器にフィルターを入れ、熱湯をかけて5分放置するなどして消毒しましょう。難しい手入れは不要ですが、人によってはやや手間がかかると感じるかもしれません。

浄水水筒以外で質の高い水を持ち歩く方法とは?

日本の水道水は「安全性が高い」として世界的に有名ですが、水道水の殺菌には塩素が使用されているため、家庭に供給される水にも残留塩素が含まれています。残留塩素は特有のカルキ臭によって水の風味を損なうだけでなく、トリハロメタンという発がん性物質を生成することもあります。また、家屋が古い場合は、水道管に汚れやサビ、不純物が付着していることも。そのため、蛇口から出てくる水がおいしいとは言い切れないケースも少なくありません。 

しかし、浄水器が自宅にあれば、浄水水筒を購入しなくともおいしく安全な水を手軽に持ち歩くことができ、その他にもさまざまなメリットを享受できます。

おいしい水を普通の水筒で持ち運べる

自宅に浄水器があれば、わざわざ浄水水筒を購入しなくとも、浄化されたおいしい水を一般的な水筒で持参することができます。水筒にこだわりがある方、現在持っている水筒を無駄にしたくない方におすすめの方法です。 

また、人数が多いご家庭にとってもメリットがあります。家族全員分の浄水水筒のフィルター消毒・交換には手間がかかりますが、浄水器があれば、フィルターのお手入れは浄水器本体ひとつだけ。余計な手間をかけることなく、家族全員に外出先でもおいしい水を飲んでもらうことができます。

浄化された水をたっぷり使用できる

浄水水筒が浄化できるのは、あくまで容器内に入った数百mLの水のみとなります。「より多くの水を浄化したい」「一日に飲む水の量が多い」という方には浄水器の使用がおすすめです。 

浄水水筒よりも浄水性能の高い浄水器が自宅にあれば、浄化した水を好きな分だけ注ぎたての状態のまま楽しむことができるようになります。より質の高い水にこだわりたい方は、「WACOMS TRUST(ワコムス トラスト)」をチェックしてみてください。 

料理や洗顔にも活用できる

飲料水だけでなく、お米を研ぐときの水、煮込み料理に使う水、麺類を茹でるときの水など、料理で使用する水も私たちの身体に直接入ります。できれば、不純物が除去された安全性の高い水を使いたいという方も多いのではないでしょうか。 

また、美容や健康を意識するなら、洗顔などに使う水の質にもこだわりたいところ。水道水に残留した塩素は肌にダメージを与える可能性があるため、浄水器で浄化した水を使うのが理想的です。  

今回のコラムでは、おいしく安全な水を持参する方法について解説しました。浄水水筒があれば浄化された水をいつでも手軽に飲むことができ、自宅に浄水器を導入すれば、飲料水だけでなく生活用水の質を向上させることが可能になります。ぜひ生活に取り入れ、安全でおいしい水に囲まれた豊かな暮らしを送りましょう。

Wellcare- みずから健康・食・美をより豊かに –
タイトルとURLをコピーしました