TOP >  コラム 一覧 >  お役立ち >  ウォーターサーバーに掃除やメンテナンスは必要?その方法とは

お役立ち

USEFUL

2020.11.17

ウォーターサーバーに掃除やメンテナンスは必要?その方法とは

ウォーターサーバーに掃除やメンテナンスは必要?その方法とは

ウォーターサーバーの一番の魅力は、おいしくてきれいな水を気軽に楽しめること。しかし、安心してウォーターサーバーを使い続けるには、定期的な掃除やメンテナンスが欠かせません。せっかくウォーターサーバーを導入しても、その効果を十分に発揮できないのはもったいないもの。そこで今回は、ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性やセルフメンテナンスの方法について解説します。

ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性

ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性

水はきれいでもサーバーが汚れていると……

きちんと処理された水が密閉されたボトルで運ばれてくるウォーターサーバーシステム。水自体はきれいで、安全性にも問題はありません。しかし、注ぎ口やボトルの差し込み口が汚れているとどうでしょうか。サーバー自体が衛生的でなければ、結果的に雑菌などが混ざった水を飲むことになってしまうおそれがあります。そのため、サーバー自体のメンテナンスは非常に重要なポイントです。

安心して水を飲むなら定期的なメンテナンスと機能面に注目

せっかくウォーターサーバーを使うのなら、安心しておいしい水を飲みたいものです。そのためには、「定期的なメンテナンス」と「サーバー自体の衛生機能」がサーバー選びの重要なポイント。ウォーターサーバーはメーカーごとにさまざまな機種がありますが、メンテナンスのしやすさや十分な衛生機能が備わっているかといった点もしっかりとチェックしておきましょう。

衛生面に優れた機能をピックアップ!

衛生面に優れた機能をピックアップ!

ウォーターサーバーの中には、サーバー内部や水ボトル内を清潔に保つための機能が備わっているものがあります。どのような機能があるのかチェックしておきましょう。

圧縮構造の容器でボトル内に余計なものが入るのを防ぐ

繰り返し使われる硬質なガロンタイプのボトルでは、水を注ぐと「ゴボッゴボッ」と中に外部から空気が入ります。このとき、空気中の不純物が一緒に侵入することがあり、あまり衛生的とは言えません。ボトル内の水は水道水のように塩素消毒がされておらず、おいしく飲むことができる反面、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

こうした不安を解消するのが圧縮構造の容器です。使い捨ての柔らかいプラスチックボトルタイプや厚手のビニールパックタイプは、水を使うたびに容器が圧縮されるため外部の空気が入りにくく、衛生的な状態を保つことができます。

フィルターで空気内の汚れを除去するフィルター

ウォーターサーバーの中には、使用中のボトルに入ってしまう空気に含まれるホコリやチリといった不純物を除去するフィルターが搭載されているものもあります。ガロンボトルタイプでも、このようなフィルター付きのサーバーであれば比較的安心して水を飲むことができるでしょう。

サーバー内部のクリーン機能

サーバー内に熱湯を定期的に循環させることで、熱湯消毒をするとともに雑菌の繁殖や水の滞留を防ぐ機能を備えたウォーターサーバーもあります。ただし、この機能の作動中は冷水・温水ともに利用できない場合があるため注意が必要です。

殺菌効果のあるUVでサーバーの内部を清潔に

一部ウォーターサーバーには殺菌効果のある紫外線(UV)によってサーバー内の衛生状態を保つものがあります。UVによる殺菌では、熱湯によるクリーン機能では難しかった給水口部分の殺菌も可能なので、より水を新鮮な状態に保つことが可能です。

サーバーのメンテナンス方法とは?

サーバーのメンテナンス方法とは?

サーバー内部やボトル内を清潔に保つ機能が搭載されているウォーターサーバーもありますが、注ぎ口や水受け皿など、サーバー外部のお手入れは自身で行わなければなりません。そこで定期的に行いたいウォーターサーバーのお手入れについて、ポイントごとに解説します。

サーバー本体のお手入れ方法

固く絞った清潔なタオルなどでサーバー全体の汚れを拭き取ります。汚れが落ちにくい場合は、薄めた台所用の中性洗剤を使用して汚れを落とした後、仕上げに洗剤が残らないように拭き取りましょう。

ウォーターサーバー背面部分

ウォーターサーバーの背面はホコリやチリが溜まりやすい部分です。1ヶ月に一度を目安に、掃除機で溜まったゴミを取り除くようにしましょう。背面部の放熱板部分は高温になっているケースがあるため、掃除の際は火傷をしないようにご注意ください。

水の注ぎ口

水の注ぎ口は濡れているため、空気中のゴミが付着しやすい部分です。1週間に1回程度を目安に固く絞った清潔なふきん・タオル・キッチンペーパーなどで汚れを拭き取るようにしましょう。また、細かいくぼみ部分なども綿棒やブラシでしっかりと汚れを取り除いてください。キッチン用のアルコール除菌剤などを使用すると効果的です。

ボトルの差し込み口

ボトルの差し込み口は水が溜まりやすい部分なので、放置していると雑菌が繁殖しやすくなります。また、汚れが溜まっていると、新しいボトルを差し込む際に水が溢れる原因となることも。差し込み口周辺は、清潔なふきんやキッチンペーパーなどで水気をよく拭き取ってから、キッチン用のアルコール除菌剤などできれいにしておきましょう。水ボトルを交換する際に、あわせて掃除をしておくと安心です。

水受け皿

水受け皿は本体から取り外し、キッチン用の中性洗剤で洗ってからよくすすぎ、しっかりと水気を取り除きましょう。水の注ぎ口を掃除するのと同時に1週間に1回程度、行っておくのがおすすめです。

日ごろのメンテナンスを解消したいなら浄水器もおすすめ

1週間~1ヶ月に1回程度とはいえ、「定期的にメンテナンスを行うのは手間がかかる」「家事や仕事で手いっぱいのためわずらわしい」と考えている方も少なくないでしょう。そんなときには、「浄水器」の導入を検討してみるのも一つの手です。高性能な浄水器は、水道水の不純物の大部分を取り除くことができるため、ウォーターサーバーで使用される水に引けを取らない、またはそれ以上の高い品質の水を楽しむことができます。また、メンテナンスはフィルターの交換を数ヶ月~1年ごとに1回フィルターを交換する程度で、メンテナンス自体をメーカーに任せることも可能です。

もし、「きれいでおいしい水を飲みたいけどメンテナンスの手間は増やしたくない」という場合は、浄水器の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーは日ごろのメンテナンスが重要

ウォーターサーバーは日ごろのメンテナンスが重要

ウォーターサーバーは、届けられる水はきれいで安心でも、サーバー自体が不衛生では本末転倒です。そのため、安心しておいしい水を楽しむには、定期的な掃除・メンテナンスとサーバー自体の衛生性を保つ機能が重要なポイントとなります。ウォーターサーバーを選ぶ際は、メンテナンスのしやすさや機能をチェックして選ぶようにしましょう。また、メンテナンスの手間が気になるという場合は、手軽に安全でおいしい水が手に入る浄水器を検討してみるのがおすすめです。

RELATED POST

関連記事