コラム

他の浄水器との違いって?「ポット型」浄水器の特徴

お役立ち
他の浄水器との違いって?「ポット型」浄水器の特徴 お役立ち
Glass cup and jug of fresh water on table indoors
他の浄水器との違いって?「ポット型」浄水器の特徴

「浄水器」と聞くと、キッチンの蛇口に取り付けるタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、近年は「浄水ポット(ポット型浄水器)」の人気も高まってきています。浄水ポットは蛇口直結型の浄水器と違い持ち運びが可能なので、直接食卓に並べたり、冷蔵庫に収納したりすることもできてとても便利です。好きなところでいつでもきれいなお水を飲むことができ、日々の健康維持にも役立つでしょう。今回は、そんなポット型浄水器の特徴について解説します。

浄水ポットの特徴

浄水ポットの特徴

浄水ポットの中には不純物を取り除くカートリッジが内蔵されており、持ち運びが可能なタイプの浄水器と言い換えられます。使い方は、カートリッジを所定の場所にセットして、水道水をポケットに注ぐだけ。蛇口や給水栓と接続する必要がないため、工事や設置の手間もなく誰でも簡単に使えるのが特徴です。容器の形もさまざまで、サイズの大きいものからスリムなもの、サイフォンのような形をしているものや水筒型もあります。

浄水ポットは工事いらず

浄水器は私たちの健康をサポートしてくれる便利な家庭用品ですが、水栓に浄水器が内蔵されていたり、シンクの下に取り付けたりする必要があるため、種類によっては工事の手間がかかるという側面もありました。その点、浄水ポットは工事や取り付ける手間が一切ありません。工事を依頼するのがわずらわしい方や、自力での設置に自信がない女性や高齢者でもすぐに使えるのが特徴です。

しっかり不純物を除去 

一見ごく普通のポットですが、機能は他のタイプの浄水器とそん色なくしっかりと水道水を浄化します。浄水ポットは基本的にカートリッジ式の商品が多く、カートリッジの中に塩素、カビ、サビなどの不純物を取り除くフィルターが内蔵されています。フィルターが取り除ける物質については商品ごとに異なるため、購入前に説明書や商品情報を確認しておきましょう。また、カートリッジは定期的な交換が必要です。適切な時期に交換を行わないと浄水の機能が失われ、不衛生な状態になるので注意しましょう。

サイズ・容器のバリエーションが豊富

浄水ポットは商品のバリエーションが非常に豊富です。大型のポットから小さな水筒型までさまざまな商品があるので、用途に合ったものを購入しましょう。たくさん浄水する必要がない場合はコンパクトなサイズがぴったりですし、オフィスや外出先で水を飲みたい方は水筒型を選ぶと便利です。携帯用の浄水ポットはコンパクトな分、ろ過が早く終わる傾向があります。

用途に合ったポットを選ぼう!浄水ポットの選び方

用途に合ったポットを選ぼう!浄水ポットの選び方

近年人気の高い浄水ポットは、各メーカーからさまざまな商品が発売されています。ここでは「浄水ポットは気になるけれど、どれを選んだらいいのかわからない」という方に向けて浄水ポットの選び方をご紹介します。

フィルターの性能で選ぶ

浄水ポットはカートリッジ内にあるフィルターに水道水をろ過することで浄水を行います。浄水ポットの除去対象となる物質は13種類(JIS規格)です。商品によって除去できる物質は変わるので、気になる方は購入前に確認しましょう。カルキと一部の化学物質しか除去できないものから15種類以上の物質を除去する高性能のものまで、多種多様な商品があります。また、フィルターによって浄化時間にも違いがあります。

カートリッジの交換頻度で選ぶ

浄水ポットに使うカートリッジは定期的な交換が必要で、その周期は商品によって異なります。手間を考えると、交換頻度が低く、高性能なフィルターを選ぶのが理想です。また、浄水ポットは基本的に毎日使用することが前提となっているので、あまり使っていなくても交換時期がきたら交換しましょう。古いカートリッジをそのままにしていると内部にカビが生え、不衛生な状態になることもあるので注意が必要です。カートリッジ交換のタイミングをポットのふたについている画面で教えてくれる商品もあります。

容量で選ぶ

浄水ポットは形やデザインも多種多様で、水の入る容量も商品によって異なります。一人暮らしの方は1Lタイプ、鍋での調理に浄水を思いきり使いたい方は2Lタイプがおすすめ。オフィスや外出先で水筒として利用したい方は専用のものを選びましょう。冷蔵庫でお水を冷やしたい方はドアポケットに入るサイズを計算して購入しましょう。片手で水を注げるものなど取っ手もさまざまなタイプがあるので、持ちやすいものを選ぶのがベストです。

ろ過時間で選ぶ

忘れがちなのが、ろ過が終わるまでの時間。浄水に時間がかかると不便なこともあるため、重要なチェックポイントです。容器に入る水の量にもよっても変わりますが、30秒程度でろ過が終わるものから2分以上かかるものまで商品によって意外に大きな違いがあります。スピード重視の方は、ろ過にかかる時間も調べてみるといいかもしれません。

浄水器の種類はさまざま!こんな人は浄水ポット以外の選択肢も

浄水器の種類はさまざま!こんな人は浄水ポット以外の選択肢も

浄水ポットはどこにでも持ち運べるのが魅力で、食卓にポットを直接置いて水を飲むことができます。浄水ポットを使い続けるうえで見逃せないのは、カートリッジのランニングコスト。長く使用すると最初に購入した本体の価格よりもカートリッジ代のほうが高くなることもあるので、あらかじめ計算しておきましょう。カートリッジの交換時期と1つあたりの値段に注目するのがポイントです。一般的には、一つのカートリッジで約200Lのろ過が可能で、交換時期は2ヶ月が目安と言われています。

蛇口に取り付ける定番タイプ「蛇口直結型」

蛇口の先端に浄水器本体を取り付けるタイプの浄水器です。自分で取り付ける作業が発生しますが、業者による工事は不要です。シンクの周辺にスペースが必要なく場所を使わず済む一方、蛇口につける都合上カートリッジのサイズが小さい傾向があり、交換頻度が高くなるのがデメリットです。

水栓に内蔵された浄水器「水栓一体型」

蛇口ではなく水栓そのものにカートリッジが組み込まれているタイプの浄水器です。浄水器に付いたハンドルを回すことで「シャワー」「浄水」「原水」など水の使い分けが可能で、シンクの掃除や食器洗いの際にも非常に便利です。

家族が多い方にぴったり「据え置き型」

家族が多く、料理などに浄水をたくさん使いたい方には据え置き型浄水器がおすすめです。据え置き型の専用ホースを取り付け、シンク脇などに設置します。大型フィルターを搭載しているため、大量に浄水することが可能です。

家中まるごと浄水できる「セントラル型」

屋外に設置する「セントラル型」の浄水器も存在します。セントラル浄水器はいわゆる「セントラルヒーティング」のようなシステムの浄水器で、家中すべての水道水を浄化することが可能。キッチンではもちろん、お風呂場や洗面所まできれいなお水を届けてくれます。シャンプーや洗顔に浄水が使えると、きれいな髪・お肌の実現につながるかもしれません。

ワンランク上のチョイスもあり?最適な浄水器を選ぼう

ワンランク上のチョイスもあり?最適な浄水器を選ぼう

ポット型浄水器は好きなところに持ち運ぶことができ、工事や取り付けが不要なのですぐに使い始められるところが魅力です。浄水器の中では比較的入手しやすく商品が多い分、選択肢が多いのも特徴。しかし、家族が多い方やお風呂場・洗面所のお水までこだわりたいという方は、他のタイプの浄水器にも目を向けてみてはいかがでしょうか。浄水器を買う目的・用途をよく考えて、最適なものを探してみてくださいね。

Wellcare- みずから健康・食・美をより豊かに –
タイトルとURLをコピーしました