コラム

水道水の「塩素」は安全?カルキとの違いや除去するメリットを解説

お役立ち
お役立ち

日本の水道水は、「非常に安全性が高い」と言われています。では、日本の水道水に浄水器は必要ないのでしょうか? 今回は、水道水に「塩素」が含まれる理由や、混同しがちな「塩素」と「カルキ」の違い、塩素の除去をするメリットなどをまとめました。毎日使う水道水の安全性について、あらためて考えてみましょう。

水道水の消毒剤は「塩素」か「カルキ」か  

最近は少なくなりましたが、昔は水道水からプールのような消毒の匂いがすることが珍しくありませんでした。このような匂いを「カルキ臭」と言うことがあります。また現在でも、水槽に入れる水を用意する際などに「カルキ抜き」という作業をすることがあります。  

しかし実際のところ、現在の水道水にほとんど「カルキ」は含まれていません。水の消毒に使われる「塩素」と同じ意味で使われていることも多いカルキですが、厳密には意味が異なります。まずは、塩素とカルキの意味の違いを正しく理解しておきましょう。 

カルキとは

カルキは、消石灰と塩素を組み合わせてつくる「次亜塩素酸カルシウム」を指します。プールの消毒に使われているのがカルキで、かつては水道水の消毒に使われることもありましたが、最近では少なくなっています。そのため、「水道水がカルキ臭い」と感じるケースも減ってきていると考えられます。 

塩素とは 

ハロゲン属の元素である「塩素」は、常温では気体で、非常に毒性が強いという特徴があります。日本では水道水の消毒を塩素で行うことが水道法で規定されており、「カルキ」も塩素の一種です。  

日本の水道水で使われている塩素 

水道の消毒に使われる塩素は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系殺菌剤)、次亜塩素酸カルシウム(消石灰に塩素を吸収させたもの=カルキ)、液化塩素(塩素ガスを液化したもの)のいずれかと決まっています。これは、国が消毒性や残留性などを考慮して規定したものです。  

塩素で消毒することができる微生物 

ダムなどに溜まった水をろ過しただけで各家庭に供給してしまうと、さまざまな細菌やウイルスから感染症などが広まってしまうリスクがあります。塩素によって消毒を行うことで、こうしたリスクを軽減することが可能。塩素は、とくに一般細菌やインフルエンザウイルスなどの減少に高い効果を発揮します。また、ノロウイルスなどに対しても効果があることがわかっています。 

水道水の残留塩素の基礎知識 

塩素は非常に毒性が高い物質です。だからこそ、水道水を消毒することができるのです。しかし、「消毒に使った塩素がそのまま口の中に入るのは……」と、安全性に不安を感じる方もいるでしょう。ここからは、水道水の残留塩素と安全性についてご説明します。 

残留塩素とは 

「残留塩素」とは、殺菌をした後も水の中に残っている塩素系薬剤を指す言葉です。「水の中に殺菌効果のある薬剤が残っている」と聞くと危険なイメージがあるかもしれませんが、ある程度の残留塩素があることは、殺菌効果が続いていることを意味しています。  

日本の水道水の残留塩素 

日本には、「水道の蛇口から出てくる水に0.1ppm以上の残留塩素が含まれていなければならない」という決まりがあります。これは、伝染病を防ぐために規定された基準です。「ppm」は「100万分の1」を示す単位で、残留塩素が残っているといっても、その割合はごく少量ということです。 

 なお、残留塩素には下限(0.1ppm)だけでなく上限(1ppm)も定められています。上限があるのは、味や匂いの問題を解消するため。安全面から見た場合、WHOが定める基準(体重60kgの人が1日2Lの水を飲んだ場合に安全を保てる残留塩素の量)が5ppmなので、日本の基準はまったく問題ないと言えるでしょう。 

残留塩素の種類 

残留塩素には、次亜塩素酸や次亜塩素酸ナトリウムといった「遊離残留塩素」と、遊離残留塩素がアンモニアなどと結びつくことでできる「結合残留塩素」の2種類があります。殺菌力は遊離残留塩素のほうが高く、体内に取り込まれた場合の残留性は結合残留塩素のほうが高いとされています。   

残留塩素が多いことで起こり得る問題とは 

日本では、水道水の残留塩素を厳しい基準で管理しています。これは、水道水に残留塩素が多く含まれていると、人体に害が及ぶおそれがあるためです。  

さらに、水に溶けている物質と結びつくことで「カルキ臭」が発生します。また、発ガン性の疑いがあると言われている物質「トリハロメタン」が発生するおそれもあります。このトリハロメタンとは、水中の有機物と塩素が反応してできる化学物質です。

残留塩素が肌や髪に与える影響とは 

塩素には消毒・殺菌効果がありますが、髪や肌を構成しているタンパク質にダメージを与える作用もあります。残留塩素の影響によってタンパク質からなる髪のキューティクルが変化すると、自己再生力がない髪はダメージだけ蓄積されていくことに。また肌の角質層は肌内部を守る働きをしており、バリア機能が低下すると保湿力が低下して乾燥やくすみの原因にもなるため、肌の弱い方は塩素刺激にも注意が必要です。    

塩素除去を行うメリットと注意点  

日本の水道水は安全基準に則った消毒が行われているため、そのまま飲んだからといって人体に危害が及ぶわけではありません。しかしそれでも、浄水器を使ったりウォーターサーバーを使ったりする方は多くいます。これは、やはりそれだけのメリットがあるということでしょう。 

以下では、浄水器を使って塩素の除去を行うメリットと、浄水器を使うときに覚えておきたい注意点についてご紹介します。 

【メリット】味がよくなる 

水道水の残留塩素を取り除くことができれば、その分匂いや味が改善されます。普段から頻繁に口にするものだからこそ、おいしい水を口にしたいと考えるのは当然のことでしょう。 

水はシンプルな飲み物だからこそ、些細な違いが味わいの変化となって現れます。また、料理やお茶、コーヒーなどを淹れるときに使う場合も、塩素が多く含まれた水よりは、塩素をしっかり除去した水のほうがおいしさもアップします。 

【メリット】皮膚や髪によりやさしい水質になる 

塩素はタンパク質を分解するため、塩素を含んだ水に長時間触れると、肌や髪にダメージを与える要因になります。健康な人の肌や髪に何かしらの悪影響が直ちに出るようなことはないでしょうが、敏感な方にとっては皮膚や髪への刺激につながる可能性も否定できません。小さなお子様がいるご家庭や身体へのダメージが気になる方は、残留塩素を極限まで低減した肌や髪にやさしい水にこだわってみましょう。 

【メリット】観賞魚などを育てるのに適した水になる 

塩素の残った水道水は、観賞魚などを育てる水としては不適切です。水槽の水を入れ替える際にカルキ抜き用の薬剤を使ったり、汲み置きしたりしてカルキ抜きを行うというのは、古くから行われてきたことです。このような作業も、浄水器でしっかり塩素を除去できれば必要なくなります。  

なお、浄水器と比較されることもあるウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーに使用されるミネラルウォーターは水槽の水にあまり向かないとされています。水槽用の水には、カルキ抜き・塩素除去をした水道水を使うのがおすすめです。

【注意点】長持ちしなくなる 

塩素を浄水器で除去すると、水を長く汲み置いておくことができなくなります。通常の水道水は直射日光の当たらない常温で3日ほど、冷蔵庫なら10日ほどもちますが、浄水器を通した場合はもっと早く使う必要があるでしょう。具体的にどのくらいもつのかはそれぞれの家庭の環境などにもよりますが、浄水器メーカーのWACOMS(ワコムス)では、浄水を容器に入れて持ち歩く場合、安全性を考慮して当日中に使い切ることを推奨しています。 

水道水の匂いや風味が気になる場合は、浄水器を活用しましょう 

毎日安全でおいしい水を飲みたい方へ

日本の水道水は、すべて塩素を使って消毒・殺菌されています。しかし、水道の蛇口から出てくる水に残る塩素の量は厳しく管理されているため、そのまま飲んでも危険ということはありません。 

とはいえ、塩素が残っている水は、匂いや味の面でどうしても劣る部分があります。また、敏感な方が使う場合や水槽の水替えに使う場合は、やはりできるだけ塩素を取り除いた水を使用することをおすすめします。水道水の残留塩素は、浄水器で取り除くことができます。水道水をそのまま使用することに不安がある方は、屋外に設置することで家中すべての水を浄水できるセントラル浄水器「WACOMS NANO(ワコムス ナノ)」の利用を検討してみてください。 

Wellcare- みずから健康・食・美をより豊かに –
タイトルとURLをコピーしました